« 冬囲いに重宝な結束バンド | トップページ | かたらいの ひととき »

2011年11月 2日 (水)

メリヤス編みは 飽きる…はふっ

これ

腹巻じゃない…念のため。

1031nit


伸びきって古くなったニット製品を ほどいて

もう一度 ニットスカートに仕立て直そうと

編んでいるのですが

メリヤス編みだと

 

 

 

 

何だか

 

 

 

 

 

腹巻みたい 

 

 

 

それに

アラン編みだと 次々に模様ができて 楽しいけれど

ただ表編みを続ける 単調な作業だから

飽きてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに

ちゃんと ゲージ取ったはずなのに

何故か 小さめ。

腹巻状態。

 

 

 

 

でも

もうほどけない。

なぜなら

 

 

 

一度ほどいた段階で

すでに 糸の痩せたところが 不規則的に

たくさん あるのです。

 

 

 

長い間気に入って着ていたから

毛糸が伸びるのもうなずける。

多分 おケツのところ・・・。

 

 

 

 

もうちょっと 頑張ろう・・・。

 

 

 

 

 

因みに

今までの中で お気に入りのアラン編みは

こちらです

1031nit2

ジロー3の生成りのベスト。

・・・ホントは セーターのつもりだったのですが

 

 

 

ちょっと間抜けな話

 

 

 

2年越しで編んだので

毛糸が足りなくなって 買いに行ったら

もう この毛糸は入荷ありまへん

 

 

 

だって。

 

 

 

それで あえなく ベストに なったわけです。

 

 

何をやっても 無計画で中途半端な自分。

 

 

 

 

 

ご訪問 ありがとうございました 

ランキングに応援いただけると 嬉しいです。

 

にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ 

にほんブログ村

|

« 冬囲いに重宝な結束バンド | トップページ | かたらいの ひととき »

手作り」カテゴリの記事

断捨離?」カテゴリの記事

コメント

たまさん

確かに方にもきてます、きてますっ
あみぐるみにも興味があるのですが
ちっさいものは もっと目肩にきそうで…怖し。。。

隊長ままさん

断捨離の延長線上で、編みなおすことにしました。。。
でも
編むのよりもほどくのが大変でした…。
ほどいて、洗って、クシャクシャをとって…。
これでできたのが腹巻なんて(爆)

投稿: 小夏椿 | 2011年11月 3日 (木) 01:10

すごいっ編み物する人だったんだぁ〜
私は、目だけでなく肩に大ダメージが来るので
編み物は封印しました(笑)
色合いが素敵なニットですね。
完成品もまたUPしてくださいねぇ

投稿: たま | 2011年11月 2日 (水) 23:40

すごい!ほぐして作り直すなんて!
あてくしも編み物をするけど最近では帽子とかちっさい物ばかりです。
セーターにスカートなんて
できあがりが楽しみ見せてくださいね

そして・・庭の冬支度もう終わったんですね
あと半分頑張らねば

投稿: 隊長まま | 2011年11月 2日 (水) 16:52

momoさん

ありがとうございます~
腹巻にならないように頑張りますっ


由莉ままさん

本来かぎ針編みしかやった事なかったんですが
独身の超ヒマな頃 時間だけはあったので
集中して練習したのが始まりでした。
でもいまだにジャストサイズに作れません…。


ミッサリーさん

コメントありがとうございますぅ^^嬉しいです。
秋になると編み物がしたくなります。
でも最近にすぐダメージが

投稿: 小夏椿 | 2011年11月 2日 (水) 12:01

あはは~セーターがベストかぁ~
アラン編みのベストもいいよ~すんごく上手~
スカートは腹巻にはならないよね?

投稿: momo | 2011年11月 2日 (水) 09:17

小夏椿さん、こんにちは。
小夏椿さんて、編み物も上手な人だったのね。
きちんと並んだ網目に脱帽です。
アラン編み…一生縁がなさそう。(^^ゞ
私も、久しぶりに編んでみようかなあ。
鉤針編みのマフラーくらい…。

投稿: 由莉まま | 2011年11月 2日 (水) 09:04

初コメ失礼します
ほぐして作り直すって初めて聞きました
あたしにゃ、普通に編んでいくのも無理だけど
素晴らしく素敵です~

投稿: ミッサリー | 2011年11月 2日 (水) 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メリヤス編みは 飽きる…はふっ:

« 冬囲いに重宝な結束バンド | トップページ | かたらいの ひととき »