« 克! と 活力の元 | トップページ | 隣床のお婆チャン »

2011年1月18日 (火)

入院中読んだ本、癒しの雑誌

今回の事は

両親・義父母には 「検査入院」 とだけ報告して

個別の検査名や 結果詳細などは

逐一伝えたりはしていませんので

どんなに 心配していることか・・・。

 

でも

 

途中経過の 中途半端な情報だと

取り越し苦労や 要らぬ心配をかけかねないので

全ての検査が終わってから 報告することにしています。

 

正直

私も 何が何だか分からないうちに

入院し、回復し、退院したのです。

 

検査入院だと説明しても

職場の方から何度か「病名」を 聞かれましたが

現段階では 病名の確定どころか

発症の原因も判明しかねています。

 

なので

今のところ 病状・体調の詳細のアップは 控えます。

(ホントはアップしたいけどネbleah

 

とはいえ

何がしか 書かずにいられないのが

ブロガーのサガhappy02 

病棟で感じた事だけ

2~3 アップすることにします。

 

なので

小夏椿サンを個人的にご存知の方

今しばらくは

当サイトで 目にした私のつぶやきは

そっと胸に納めておいて頂けると嬉しいです。

 

よろぴくネwinkshine

 

前置きが長くなりましたが

本題へ…

 

 

 cute  cute  cute  cute 

 

 

本やテレビを見る元気が ようやくでてきたのは

入院5~6日目のこと。

(実は3日目に総合病院に転院しています)

 

まず

 

去年読み残した

「もしドラ」を一気読みしましたbook

 

ラストで 主人公の親友が 亡くなってしまうのですが

 

今まで 私とは無関係だと思っていた某検査日程を

言い渡された直後のことだったのでsweat02

 

ビミョーな「モンモン」でtyphoon 胸が一杯になりましたsadannoy

 

「もしドラ」を こんな角度から感じたヒトって

あんまり いないよネェ~(笑)

 

病は ヒトを 必要以上に不安にさせるものです…。

 

 

 

さてさて

もしこの私が 

病院(病棟)を マネジメントするとしたら…

と 暇に任せて 考えてみましたthink 

 

 

 

…が

 

 

 

この病棟に限っては

変革の必要は 全くない。

特に 看護師さんは 素晴らしいcrown 

ホントに プロフェッショナル~good

 

 

綺麗で 朗らかだしshine

小さな不安にも きちんと耳を傾けてくれるしear

シモ方面の作業(?)も 笑顔で処理してくれるしcoldsweats01

辛い検査の時には 手を握っていてくれるしrock

 

治療への不安感から 感情を爆発させてしまった 

他の患者さんを

優しく慰めつつ、冷静にかつ理論的に

諭したりもしていました(拍手)

 

親子ぐらい年下の若い看護師さんに

どんなに励まされ

お世話になったことでしょう。

 

 

検査結果が 全て出ているわけではありませんが

ここまで 体調が回復したのは

看護師さんなどのスタッフの方々や

家族の精神的サポートの力に因るものが

」 だったと 言っても

過言ではないsign03

 

と 思うのであります。

ホントに ありがとうございましたconfidentdown 

 

言い尽くせないほど 感謝デスkissmark 

 

 

 

 

 

「もしドラ」を読み終えてからは

もっぱら 雑誌を眺めて過ごしました。

 

カレンダーがお目当てで買っておいた

花時間2011冬号

BISES冬号2010年12月

ですcute 

 

やっぱり お花ってヨイですねぇtulip 

 

あまり活字を追いたくない時には

ぼんやり お花の写真を見ているだけで

癒されましたconfidentheart04 

 

新年号なので お正月アレンジも載っていて

味わいそびれたお正月気分も

ちょっぴり感じることができました。

 

 

そして 不意に

ラベンダーの香りを胸いっぱいに

深呼吸したくも なったり・・・。

 

 

段々 取り留めがなくなってきましたねcoldsweats01 

 

 

 

とにかく

ヒト、ハナ、ホン

その他 色んなものに 励まされた

11日間でした。

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

|

« 克! と 活力の元 | トップページ | 隣床のお婆チャン »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

小夏椿さん、こんばんは^-^
びっくりしました。
入院なさっていたのですね。
退院されたと知り、ほっとしましたが、
無理をなさらないでくださいね。

小夏椿さんは文章がお上手なので
良いですね。
簡潔で読みやすく、スゥ~ット頭に
はいってきます。
私は写真に頼ったブログなので、
写真がなかったらお手上げ・・・
文章修業
しなくちゃ・・・
もう遅いかなhappy02

投稿: hiro | 2011年1月18日 (火) 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208230/50619159

この記事へのトラックバック一覧です: 入院中読んだ本、癒しの雑誌:

« 克! と 活力の元 | トップページ | 隣床のお婆チャン »