« 弱った時に聞きたい曲♪ | トップページ | いくらと大根おろしの和風パスタ »

2011年1月23日 (日)

小さじ2杯分の痛み

同じ検査でも

 

 

健康時に健康診断として 受けるのと

 

ヘロヘロ、ドロドロに弱った状態で

受けるのとでは

 

受けるダメージが全然違い

心身ともにすり減りました。

 

 

 

やはり

 

 

 

ある一定のお年頃?を過ぎたら

人間ドッグ等の細かな検査を 健康時に受診し

データを取っておく事の重要性を痛感。

 

 

年に一度は 市のガン検を受けてはいるのですが

血液検査は含まれていません。

 

 

献血すると

ある程度のデータがもらえるのですが

 

比重不足で献血できない事が多いのです。

 

 

 

それはさておき

 

 

 

今回初めて受けた検査があります。

今まで他人事だと思っていた検査

 

 

 

骨髄検査。

 

 

 

検査自体はごく短時間、10分程度です。

局部麻酔をしますが

骨髄液採取の時は 痛みがあります。

 

 

げげぇぇぇ~~~wobblyimpact
 ↑↑
イイ年したオバサンが げげぇぇ~ ってのもどうかと思うけど

 

 

以前 知り合いの医師からも 雑談の中で

「骨の部分は麻酔が効かないので

その瞬間は息ができないくらいの激痛」

だと 聞いた事があったので

 

どのぐらいの痛みが伴うものなのか???

 

恐怖でヘコみました。

あまりヘコんでいるので

看護師さんが 私の車椅子を押しながら

優しく肩をさすってくれたほどです。

 

 

 

 

年末に特番でもやっていましたが

骨髄検査…といえば

夏目雅子さん や 本田美奈子さん が患っていた

あの病気が連想されます。

 

検査の事をドクターから言われる直前にも

同病気で闘病中の 浅野元宮城県知事が 

気丈にもTV出演されていました。

 

普通の人は

もしかしたら そんな病いにかかってはいまいか?

どんな検査結果が出るのか

あれこれ 思い悩むところなのでしょうが

 

私は ただただ

4日後の検査がどれほど痛いのか

そんな目先の事で

お腹の調子まで乱れてしまいました。

 

検査までの中3日間は

漠然と胸がワサワサして 落ち着かず

看護師さんに あれこれ聞いたりしましたが

当然の事ながら

実際に受けた経験のある方はいず

「むしろ先輩」coldsweats01

と 言われたりしました。

 

 

 

大騒ぎした割には  淡々と

その瞬間は やって来ましたthink 

 

検査は病室で 行いました。

 

ベッドにうつ伏せになり

背中から尾骶骨にかけて病衣をまくり

消毒を2回。

 

ド;麻酔しますよ

 

で、少しチクッsweat01

(歯科医でのそれに似ている)

 

看護師さんが横にしゃがんで手を握っててくれる。

 

ド:痛いですか?

 

で、キュン…sweat01sweat01

 

私:痛いです…

 

ド:この辺は痛いですか?

 

で、

私:うぐっ…

  (枕に顔をつけ 我慢)

 

ド:最後の1回です。

 

…ん゛ぐっsweat01sweat01sweat01

 

ド:30分間仰向けで安静に、云々…

 

 

厚めのガーゼが 患部に貼られ

止血もかねて 仰向けになる。

局部麻酔のため 体は自由に動くので

自分で 仰向けに。

 

あら、ホントに10分で終わったthinkdash

と 半ば感心しながら

 

結局

うぐっ…

という瞬間的な痛みが 数回あっただけ。

それも 我慢できないほどではなく

前夜 シミュレーションしたほどの激痛はなく

看護師さんの

痛かったですか~?

との問いに こう答えました。

 

痛かったけど、思ってた程ではなかったです。

命を吸い取られるぐらいかと…

(ちょっと大袈裟だったかしらね

でも 未知との遭遇だったもので…)

 

何事もなかったかのように 

あっさりと そして 静かに

ドクターが去って行った後

どのくらいの骨髄液を取ったのか

看護師さんに 尋ねたところ

 

4cc程度を2回

 

だそうです。

 

小さじ2弱か…。

 

 

こうして

さっきまでかなりヘコんでいた気持ちも

フラットに回復してup

初めて体験する検査が 

無事 終わったわけですが

 

 

 

退院後 ちょっとだけネット検索したところpc

骨髄移植の際は 検査とは比較にならない量を

採取するとか…

 

という事は

痛みも んぐっsweat01 では済まないはず。

 

提供する方の

願いと意志は

どれほどまでに 強いものなのか…。

そして

私には 出来るだろうか・・・?

 

 

 

あんな程度でピーピー言っていた私が

急に

滑稽で 情けない 

薄っぺらな知識しか持たない

未熟なオバサンに思えてきてthink

 

 

ひたすら     

 

 

 

反省。

 

 

せめて

今後 どんな時にあっても

大きく構えて

物事をありのまま受け止められるよう

心がけていかなければ…。

にほんブログ村 花ブログへ
にほんブログ村

追記:この検査に関しては

    疾患は認められませんでした。

   ひとまず ほっdash です。

|

« 弱った時に聞きたい曲♪ | トップページ | いくらと大根おろしの和風パスタ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

cuteしょこらさん

痛みの種類は全然違いますが
子宮体癌の検査のほうが痛かったような気がします。
(先生によって違うけれど・・・)

以前勤めていた会社に
ドナー休暇制度がありました。
ドナーになるってホントにそれ程大変な事なんですね。

投稿: 小夏椿 | 2011年1月27日 (木) 17:23

骨髄検査お疲れさまでした。
私は新米看護師で、無菌無人病棟に勤務していました。
この病棟は、骨髄移植を受ける方・受けた方の病棟で、
ほぼ毎日、骨髄検査が行われていました。
実際に受けたことのない私は、痛みは想像するだけ・・・。
未だに勇気がなくって~。

投稿: しょこら | 2011年1月26日 (水) 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208230/50651510

この記事へのトラックバック一覧です: 小さじ2杯分の痛み:

« 弱った時に聞きたい曲♪ | トップページ | いくらと大根おろしの和風パスタ »