« 黄色ミニトマト初収穫と七夕飾り | トップページ | 街角彫刻⑩夏空がキャンパス »

2008年8月 9日 (土)

街角彫刻⑨手のひらの四季

こう暑いと水遊びしたくなる気持ち、分かりますsun

でも 坊や、あぶないよ~danger

88

って、実はこんなに浅いんですconfident

88_2

これは、旭川駅前を約1キロに渡って伸びる歩行者天国・買物公園ができた頃から市民に親しまれてきた 噴水の彫刻 「手」paper(木内禮智、ブロンズ 1972年制作)。

小学生の写生会では人気者(手paper?)でした。

当初はこの通りの中心部、4条通に燦然と黒光りする、シンボリックなものだったのですが、今では8条通りの入り口に移設されています。

チョボチョボ見える噴水も、かつては勢いよく高く吹き上げ掌を潤していました。



秋には噴水が止められ

落ち葉が溜まるただのサークルのようになり

長~く伸びる影も哀愁があって、それはそれでいいのですが・・・
88_3

乾いた秋風に荒れ気味の手から伸びている・・・ような木。
88up



そして冬はいよいよ深刻wobbly

雪の中から、お~い助けて~~~shocksweat01みたいな。

88_4

でもねflair

タイミングいいと氷のかけらが載っかっていることも。

きら~~んshineheart04
881

・・・いえいえ これは氷彫刻(冬まつり)の一部が重なって見えるだけなのでしたeye



そしてこれから約1ヶ月半後、雪も氷も融けて

88_2コーンも転がる?春になります。

「手ばっかり」に最後までお付き合いありがとうございましたconfident

どうでしょうか 「手」のひらの四季 少しは涼んでいただけましたか?

 heart04 ブログランキング・にほんブログ村へ ランキングに参加中
    ↑ 応援クリックお願いしますheart04

ご訪問ありがとうございました~confident

|

« 黄色ミニトマト初収穫と七夕飾り | トップページ | 街角彫刻⑩夏空がキャンパス »

季節」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

cloverkyutarouさん
こんばんは~
彫刻ボランティアの方々が春になると汚れた彫刻を清掃してくれます。
そのお陰で毎年綺麗な「paper」が楽しめるわけです。
坊やは大丈夫でしたよ~

cloverカコさん
こんばんは~
照る日も降る日も同じ場所に鎮座しているのですが、真冬はほとんど見向きもされなくなります。
特に噴水は。
そんな事も含めて雪国の四季なのでしょうから
仕方ないですよね~。

投稿: 小夏椿 | 2008年8月10日 (日) 00:14

こんにちは~~
四季折々の手の表情アイデアですね~~
とっても楽しませて貰いました、一番気に
なったのは氷彫刻とのコラボでした~~
坊やは無事でしたか?ゥフフ・・・heart04

投稿: kyutarou | 2008年8月 9日 (土) 14:30

こんにちは~♪
今日は手で楽しませてもらいました。
とてもユニークで、四季を感じさせてもらいましたが、
あのボーヤが落ちそうで、
声をかけたら、ビックリして落ちてしまいそう。

投稿: カコ | 2008年8月 9日 (土) 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208230/42103228

この記事へのトラックバック一覧です: 街角彫刻⑨手のひらの四季:

« 黄色ミニトマト初収穫と七夕飾り | トップページ | 街角彫刻⑩夏空がキャンパス »