« ハントンライスと金沢市内散策 | トップページ | ラストは富山とピカチュウ »

2008年5月11日 (日)

能登のあさいち号バスツアー

5月5日(日・こどもの日)cloudrainrain

天気予報ではこの日はrainだったので、予め能登のバスツアーを予約しておきました。

金沢発着のツアーもありますが、北陸フリーきっぷで和倉温泉までは行けるので、電車に揺られることにしました。

5:39 金沢発 七尾線で和倉温泉駅へ cloud

Photo_2Photo_3

七尾駅で能登鉄道に乗り換えです。

Photo_5車中で朝食

駅売店で買った鱒すし(おにぎり)、結構美味しかったですdelicious

train dash

7:43 和倉温泉駅着 まだまだcloud

Photo_6

徒歩で和倉温泉バスターミナルへ

shoeshoe dash

8:30 あさいち号で出発

Photo_19 dashdash

バスガイドさん曰くkaraoke

「和倉のまちは加賀屋さんサマサマ」

特急が入るようになったのも加賀屋さんの社長さんの一声bullettrain

和倉温泉が全国に知られるようになったのも加賀屋さんのCMのお陰tv

毎年ランキング1位などなど・・・。

名前だけは知っていても北海道にいるとそこまで凄いとは知らずにいました。

そんなに言われると、いずれは泊まりに来るわよ~と思ってしまいますねspa

bus dash

車窓からみる能登キリシマツツジ

Photo_8

鮮やかな朱色、小さい花が特徴でこれぐらいに育つのに10年はかかるそうです。

道中、能登半島地震('07)の被災者がお住まいの仮設住宅や

屋根瓦補修中でブルーシート掛けのお宅が見受けられました。

「加賀屋さん、旅館を1か月で直したのよ~。

何が凄いって、1か月でやれと言われてやり遂げた業者が、私は凄いと思いますね。

ドコとは言わないけど大林さんsign01karaoke

ガイドさんは加賀屋さんネタが好きです(笑)

bus dash

輪島漆器会館前下車

輪島朝市

1

立派な蒸しアワビ~

「試食できるのは試食してきて下さいよ」karaoke

はい、素直にそうしましたdelicious

Photo_9

立派なテントを張ったお店が立ち並ぶ端に、細々とゴザを広げただけの露店で手作り小物を売っているお婆ちゃん達もいらっしゃいました。

そういうのに弱くて一つ買いました。

それは後日番外編でご紹介予定です。

Photo_20えがらまんじゅう

輪島朝市の名物らしいのですが

「私はあえてご紹介はしておりませんでしたが、食べた方もいらっしゃったのではないかと思います」karaoke

はい、私買いました。

shoeshoe dash

輪島漆器会館 へ戻る

高級漆器が展示販売されていましたが、第一印象でピンとくるのがなく何も買わずに

「皆さん、もらえるものはもろうて来て下さい」karaokesweat01の言葉に従い

ツアー乗車券提示で進呈される「極上輪島箸」を頂いたのみでした。

「極上」です極上coldsweats01

因みに

「TVで水戸黄門さまが差し出す印籠は輪島塗よ 皆さん知ってはった~?

PRのために市が200万円のものを寄贈しているのよ~。

因みに現在放送中のは2代目。

輪島市って懐深いでしょ」karaoke

bus dash

車窓から能登の海 wave typhoon
Photo_11

空はどんより、荒い波です。

ザ・日本海ですね~。

道中何度も石川さゆりさんが口をワナワナさせて歌うあの曲が頭をリフレインです。

の~と半島~~note

bus dash

増穂浦・道の駅とぎ海街道で休憩typhoon

世界一長いベンチ(道の駅すぐ裏手)

1_2
これは半分。反対側にも伸びています。

どうやっても全長460mは収まりきれませんsweat01

bus dash

能登金剛(昼食タイム)cloud

巌門

写真だとちっちゃい穴にしか見えませんが

浸食でできた岩盤の洞門は幅6m、高15m、奥ゆき60m。

遊覧船で周遊できるのですが、今日は波が荒くで欠航でしたwave

Photo_13

絶景

Photo_14

この辺りは松本清張原作「ゼロの焦点」のロケ地になりました

(内容は・・・? う~ん失念coldsweats01)

松本清張歌碑

Photo_15
「雲たれて ひとり たけれる 荒波を
かなしと思へり  能登の初旅」

傷心を抱きここを訪れ身を投げた女性のために詠んだそうです。

bus dash

妙成寺五重塔 北陸の日蓮宗本山rainrain

Photo_16

bus dash

千里浜なぎさドライブウエイrainrainrain

Photo_17

8kmの日本唯一の砂浜道路。

もちろん私達の観光バスも走りました。

対向車もビュンビュンですdashdash

Photo_18

昨日はかなり歩いたので、今日はバスにして良かったかも。

車中ではかなり爆睡してましたsleepy

やはり私は「昭和の爆睡王」ですhappy01

busdash

15:50 金沢駅西口着rain

帰りの寝台までかなり時間があるな~。

まだまだ散策は続くのである・・・。

にほんブログ村 花ブログへ←クリックで応援して下さいね♪

今日もご訪問ありがとうございます~confident

|

« ハントンライスと金沢市内散策 | トップページ | ラストは富山とピカチュウ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

cloverゆきこさん
おはようございます~♪
輪島塗のエレベータ、凄いですね~sign03
乗る時に指紋をつけなように緊張してしまいそう
毎日綺麗に磨いているのでしょうねshine
再訪の機会があれば見るだけでも見に行きたいと思います。
コメントですが、スパム防止の英数字入力画面が1度しか出てこない時と、2度要求される時とあるみたいです。
お手間をお掛けしてすみませんconfident


cloverすみれさん
おはようございますsun
朝市は観光客でごった返しでした。
札幌で場外市場や2条市場で見慣れていたので、海産物にはあまり感動はありませんでした。
可愛くない観光客ですね、私ってsweat01
でも何よりも、細々と店を出しているお婆ちゃん達、頑張って~rockと思いました。


cloverあこさん
鱒ずしは寝ぼけた胃袋にちょうどいいお酢加減でしたdelicious
ドライブウエイは自家用車だとはまりがちだそうで、この日もずっぽりはまっている車がいましたよannoy
若い女の子は周囲に助けてもらえるのに、私はJAFでした~punchとガイドさんが嘆いてました。
この日は雨でしたが、バスツアーでよかったです。

cloverカコさん
カコさんも全国くまなくご旅行されているんですね。
千里浜でははまっている自家用車がありましたよeye
私も自家用車だったら通ったかどうかわかりません。
バスツアーは、疲れたら居眠りできるし、色んなプチ情報をガイドさんが教えてくれるので楽で便利ですね~。
行かなくてもいい所が含まれている事さえ我慢できれば、ですがhappy01

投稿: 小夏椿 | 2008年5月12日 (月) 08:19

小夏椿さん こんばんわ~!
夕べ 長々コメント入れたのに消えてる~~~weep
一緒に 旅してるような気分になって楽しいです。
金沢の友人と輪島に行ったとき 公共の宿に泊まりました。
夜加賀屋に行って お茶して お土産買って帰りました。
エレベーターの中がこれまたすごい輪島塗でした~happy01

投稿: ゆきこ | 2008年5月11日 (日) 23:07

小夏椿さん
バッチリ計画立てられて、楽しいご旅行ですね。
朝市楽しいでしょう!
試食したら、つい買ってしまいますね。
千里浜なぎさドライブウェイ、素敵ですね~
随分前ですが、出かけました。
spa加賀屋さん泊まって見たいですね。

投稿: すみれ | 2008年5月11日 (日) 14:43

こんにちは!
日本海は荒荒しく猛々しいというイメージでしたが、
まさにその通りですねsign01
ゴツゴツした岩肌もそのイメージを演出してる感じがします。
私、鱒ずし大好きなんですnote
たまにこちらのコンビニでも売られているのを見ますが、
おいしいですよね~。
砂浜って、普通に車で走れるんですねsign01
はまってしまいそうなのに…
良い旅をなさったんですねwink
私も北陸にまた行きたくなりました~happy02

投稿: あこ | 2008年5月11日 (日) 14:12

おはようございます。
2日間を百パーセントと言っていい位観光しましたね。
能登金剛の遊覧船は乗りましたが、他は見ておりません。
千里浜なぎさドライブウエイを走りたかったのですが、
話すと車が錆びると言って、
機嫌を損ねたらたのしい旅を台無しにするので、
言いませんでした。
車を洗車すれば良いことなのですが・・・

投稿: カコ | 2008年5月11日 (日) 06:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208230/41153859

この記事へのトラックバック一覧です: 能登のあさいち号バスツアー:

« ハントンライスと金沢市内散策 | トップページ | ラストは富山とピカチュウ »