« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月30日 (日)

おせち料理③口取り~りんご羹

【りんご羹】

Dscn4550

どうしようか迷いましたが作りました。

これも先日の講習会で習ったレシピ。


りんご(ジョナゴールド)2個分です。

1.よく洗って縦に4等分し芯をとる。

2.塩水につけてから皮ごと薄切りにし、砂糖大3で煮る(りんごから果汁が出てくるので水不要)。

3.途中とろけないうちに飾り用りんご片(12~20)を取り分ける。

4.柔らかくとろけるまで煮て、裏ごしする。
Dscn4547
↑裏ごししたものは皮の紅でピンク色になっています。
  左下はりんご片です。

5.別鍋で水4cup粉寒天2本を溶かし火にかけ、砂糖2cup加え煮詰める。

6.これに裏ごしした林檎を入れ全体が2/3量になるまで煮詰める。

7.火からおろし、あら熱を取ったらレモン汁大2を加え二重缶に流し込み冷やす。

8.完全に固まる前に取り分けておいたりんご片を飾る(沈んでしまわないように)。

9.冷蔵庫で冷やし固める。

10.切り分けても、型抜きしてもOK。


これで作り置きするお節作りはおしまいにしよう~~。

お雑煮はぶっつけ本番、て事で。

沢山作ったわけじゃないのに、疲れました

(>。<;)

あとは、今晩の惣菜に金平ごぼうを多めに作って転用してみようかしら・・・。

・・・ダメ??

ところで、今夜のイカ天復活、とても楽しみです♪

フライング・キッズ、マルコシアスバンプとか懐かしいな~。

ブランキーやジッタリンジンやクスクスもイカ天出身だったよね~。

何より、三宅&相原勇ちゃんコンビも見ものデス。


そんなこんなで、本日ブログ納めです。

皆さんよいお年を~!!



ブログランキング・にほんブログ村へ  参考になりましたか?
 ↑ ポチッとクリックで応援お願いします。

いつもご訪問ありがとうございます

| | コメント (5) | トラックバック (0)

おせち料理②伊達巻・うま煮

昨日にひき続き、おせち作り

【伊達巻】

Dscn4546

卵6個、はんぺん(サイコロ状に切る)100g、

砂糖大4、みりん1/2cup、塩小1/4

を一挙に、はんぺんが見えなくなるまでミキサーにかける。

Dscn4538Dscn4533

裏漉しする。

天板にオーブンシートを敷いて流しいれる。

200℃のオーブンで約15分、

表面が指先にくっつかない程度まで焼く。

(焼きが甘いと、せっかくの焦げ目がおにすにくっつきはがれてしまい、上完成図のようにまだらになってしまいますよ~)

Dscn4539

おにすで巻き、巻き終わりを下にして冷ます。

なかなか上手に巻けましぇ~ん

特に、巻き始めがルーズになり割れたりします(汗)

それでもめげずに「えいや~」と一気に巻き込みます(笑)

去年からオーブンを一回り大きいものにしたので、天板の形もちょうど良い正方形から大きい長方形に変わってしまいました。

おにすの形に合わせるように何とか工夫してはいるものの・・・。

毎年4本作り、1本は自宅用、あとは母や伯母に味見してもらいます。

伊達巻は出来ばえを味見できないのが難点。

差し上げたものが美味しくできているかどうかが専ら心配の種なのです。


【うま煮】
Dscn4544

先日講習会で習ったレシピですが、好みの分量に変えた部分もあります。

Photo

~4人分~

  1. 鶏もも肉1枚=大きめのひと口大
  2. 干椎茸8枚=戻して亀甲形かいちょう切り
  3. 金時人参20cm程度=皮をむき厚み5㎜で型抜き
  4. ゴボウ1本=食べやすく切って酢水に浸ける
  5. こんにゃく1丁=塩をすり、手綱にして湯通し
  6. 筍1本=根元は半月切り、穂先はくし形切り
  7. 蓮根1節=ピーラーで皮をむき乱切りし酢水に浸ける
  8. 里芋8個=六角切りにし、塩をまぶして洗い、水から煮る→ふきこぼしぬめりを取る
  9. 出汁5cup、砂糖大7、醤油1/2cup、塩小1.5、酒・みりん各大3、を煮立てて煮汁を作る。
    ※講習会では非常にしょっぱいできだっので、予め椎茸の戻し汁を1cup位足し、更にみりん、砂糖を好みの量追加しました。※煮ているうちに汁の味も変化します。
  10. 同じ煮汁で、上記1~8を番号順に1品ずつ煮て味を含ませ引き上げる
  11. 最後に全材料を合わせて煮る。
  12. 色よく茹で上げた絹さやを散らす。

試食したところ、これでもやっぱりしょっぱい(>。<)

原因は塩の量かも・・・塩は控え目にした方が得策かもしれません。

来年はいつものお料理本の分量にもどそう、と思う師走の私です。

にほんブログ村 花ブログへ あなたのおせちも美味しくできますように
 ↑ ポチッとクリックで応援お願いします。

いつもご訪問ありがとうございます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

おせち料理①昆布巻き・田作り・栗金団・黒豆

【昆布巻き、田作り、栗金団、黒豆】

Pc290028

とりあえず午前中にこの3品作りました。

黒豆は只今「コトコト中」です。

**********

ここから先は、実際の流れに沿った、退屈な手順の羅列なので興味関心の無い方は要注意(?)、ここでサヨナラです。

黒豆と昆布巻きは夕べのうちに下準備済み。

今年の黒豆は商品袋裏面のレシピ通りに。

表記調味料を入れた熱い湯に一晩浸けておきました(レシピはクリックで大きくなります)。

Dscn4503 Dscn4506

Dscn4514

昆布巻き用身欠ニシンは

4人分=4本としました。

こちらも、米のとぎ汁に一晩浸けて柔らかくしておきました。


まずは黒豆を火にかけ、アクを取り、ストーブの上に移動。

ストーブも便利な料理熱源です。

Pc290001_2Pc290003

続いて栗きんとん

皮を厚めにむき輪切りにしたさつま芋を30分ほど水に浸しアク抜き。

今回は発色用にくちなしを用意したのでミョウバンは使いません

Pc290006Pc290007

浸けている間に再び昆布巻きの下ごしらえ。

身欠きニシンのウロコ、尾ひれ、大きな小骨(?)を取り、熱い番茶をかけて渋みを取る。

昆布は長さ15センチに切り、約10分間水につける。

Pc290010 &Pc290011

浸しすぎるとベタ~っとなりすぎ、扱いにくくなるので注意。

昆布の戻し汁は煮物の出汁に使うので捨てずに取っておくとよい。

昆布を戻している間、

栗きんとん用クチナシの実2個を2つに切りお茶用紙パックに入れ、

アク抜きしたさつま芋をひたひたの水とクチナシの実で茹でる。

クチナシの実を入れると、すぐに↓こんな具合に黄金色に発色します。

Pc290016_3 Pc290019

干瓢を20cm強20本に切りそろえ湿らせ、ニシンを3等分に、戻した昆布で巻き、かんぴょうで結ぶ。

Pc290017結び目を上にして圧力鍋に並べ、

水3カップで20分加圧して煮込んだ後

醤油・砂糖各大さじ5、酒3/4cupを加えて更に10分加圧して煮込む。

煮込み中栗きんとん仕上げへ。

別鍋での甘露煮を汁ごと鍋に入れ火を通す。

柔らかくなったさつま芋は、湯を切り鍋の中で軽くつぶしてから裏ごし。

裏ごしが結構時間がかかりました。

いつの間にか力んでしまい、小指がつっちゃいました(汗)

裏ごししたさつま芋に砂糖1cup、みりん1/2cup、塩小1/4、栗の煮汁のみを鍋に入れて弱火で練る。

Pc290021_2 Pc290022 

とろみが出てきたら栗を入れさらに練る。

少しゆるくても、冷ますと硬めに落ち着きます。

昆布巻きは、圧力終了後、蓋を取り煮汁をかけながら煮詰めて味を含ませる。

大体、同時に出来上がりました~(必死)!!

Pc290027

次は、簡単レンジde田作りPc290023

ごまめ50gをクッキングペーパを敷いた皿に広げ

レンジで90秒ほど加熱しパリっとさせる。

耐熱ボールに砂糖大3 醤油・みりん各大2混ぜ入れ、レンジで30秒~1分ほど加熱、粘りがでたら

ごまめ入れ手早く絡ませる。

さらに、白ゴマをふり混ぜ、熱いうちにオーブンシートを広げた上に重ならないように広げ、冷ます。

Pc290025

硬くなった場合は、食べる時にレンジで少し加熱すると柔らかくなるそうです。

今年は材料を国内産に統一してみたかったのですが、クチナシの実は残念ながら中国産です。

それにしても国内産って高いです。

栗の甘露煮は、例年使っている韓国産の2倍の値段、

干瓢は中国産の3~4割高でした。


※レシピその他に間違いがある場合は、気づいた都度訂正していきます。ご了承下さい。

にほんブログ村 花ブログへ おせちで花ブログ?でも・・・
 ↑ ポチッとクリックで応援お願いします。

あなたのおせちが美味しくなりますように~

いつもご訪問ありがとうございます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月28日 (金)

マドレーヌと蜜る

年末は忙しい!慌しい!

と言ってる割に余裕だして、帰省中の○○年来の親友とランチをしました。

その時に頂いたお土産の一つが 、二人とも大好きな絵本のキャラクター「マドレーヌ」

3

ディッシュクロス、早い話がフキンですが、可愛すぎて、シミをつけて色あせていくのが忍びなく、キッチンのタペストリーに。

1

あと45度傾けて菱形にすると可愛いのかもしれませんが、壁にピン穴を開けたくないので(特にキッチンは)糸で吊るしました。

かわいいでしょ~~。

お嬢ちゃんからおやつもわけてもらいました。

サンタの袋の中にはベアチョコが入ってました♪

Photo_4

ありがとね~(^^)vvv

夜は夜でジロー3が大好きなミカンを一箱買ってきてくれました。

その名も「蜜る」

Photo

イイ具合に酸味もあるし、甘ぁぁぁぁぁぁい。


さあいよいよ明日は29日。

この日の大掃除は「福を払う」、餅つきは「福を突く」というので忌み嫌われていて、避けたほうがいいそうです。お正月飾りの用意もこの日はダメ。

なので、私もそうします。

ということで、明日は掃除をせずに、いよいよおせち料理を作るぞ~!

マッハで頑張りますっ!!

**********

絵本「マドレーヌ」シリーズに興味のある方は、右サイドバー「えほんよも!」の「ロンドンのマドレーヌ」をクリックして詳細をご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トロピカルスノーマン

Nec_0131

雪だるまをあちらこちらで見かけるようになりました。

当(まさ)に、冬ならではのナチュラル&エコ・インテリア。

こちらは、先日通りかかった某飲食店入り口、微妙にエスニックテイストが感じられるトロピカル?なスノーマンです。

きっと若い店員さんが作ったんだろうな。

何よりも「楽しんで作った感」で溢れてるね~♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

君子蘭とオンシ三兄弟

☆クンシラン 君子蘭☆
Photo_3

間もなく満開に。

「蘭」という字がつきますが蘭の仲間ではなく、ヒガンバナ科だそうです。

親と同年代の方に人気があるみたいで、そのようなご家庭に何鉢も見受けられます(気のせいかな~)。

☆オンシジューム☆
Photo_4

こちらは紛れもないラン科、再登場。

わが家の「オンシ三兄弟」揃い踏みです。

この他にも次々開花し、長いこと咲いてます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月26日 (水)

樹霜

1_2

シバレた朝で始まったXmasも終わり、あとは年末街道まっしぐら。

月初めの勢いは案の定序盤で失速。口先だけで張り切りすぎたのがいけなかったんです。

年賀状もやっとこサ印刷終わったところだし・・・。

例年どおりの慌しい年末になってしまいました。

そうなんです、年末は慌しいものなんです(きっぱり!)

それがなければ新年のまったり感は味わえません(言い訳)

それにしても24日の朝は寒かった~~(((><)))

(因みに今朝の方がもっと冷え込み-17℃を下回りました、ひょぇ~~)

鼻毛が凍るまでではなかったけれど、庭の木もシャキ!!っと凍りつきました。

よく樹氷と呼ばれていますが、正しくは樹霜だそうです、はい。

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

Xmasウエルカムボード

Photo_4

ケーキ飾りやおまけ等をコルクボードにカラーピンで留めるだけの簡単なウエルカムボード。

毎年レイアウトも変更できるし、ケーキを食べる毎にオーナメントが増えるという楽しみもあります。

写真などを貼ってもいいかも。

コルクボードは勿論、当方御用達の100均モノです(^^)

| | コメント (2)

2007年12月24日 (月)

赤毛のアンとXmas

Xmas

今日はチキンでも焼こうかな~♪

| | コメント (2)

2007年12月23日 (日)

ポインセチアXmasに間に合わず(涙)

ポインセチア7_2
短日処理開始から3ヶ月半、作業終了から2ヶ月余り。

前回アップした時よりは赤が濃くなってはいるものの、依然花芽はつかず赤の面積もそんなに増えてはいない模様。

どうやらXmasには間に合わないみたい(汗)

短日処理をやめる時期が早かったのか、肥料が足りなかったのか、来季の課題です。

やはり気合いだけでは乗り切れない

(T。T)=33

でもせっかくだから、真っ赤に色づいたものを買ってくるのはやめます。

ここまで頑張ってくれたわが家のポインセちゃん(←ビヨンセみたい)の成長を見守ることにします。

それにしても、ポインセチアがXmasを彩る花だと誰が決めたのでしょうね(涙)

わが家ではお正月の花、もしくは、バレンタインデーの花に認識を改めるかもしれません。



にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへランキング参加中
↑不器用な私をポチっと応援して下さると嬉しいです

いつもご訪問ありがとうございます 

| | コメント (2)

2007年12月22日 (土)

ヒトカラ♪

最近市民権を得てきたヒトカラ。

こんなこと自慢にもなりませんが、カラオケ好きの私はブームになる以前から一人でカラオケすること、ありました。

安いお店だと、ワンドリンク付き1時間100円で過ごせるので、むし暑い真夏日なんていい「避暑地」です。

歌なんて歌わなくても、本を読んだり、飲み干した後の氷をボリボリ噛みながらただボ~っと涼むだけでもOK!

ノートPC持ち込んで仕事に集中する営業マンもいるとか。

ま、私の場合は誰に気兼ねすることなく、シャウトしちゃいますけどね(^^)♪あたぼうヨ。

「え~、一人でカラオケ?それってなんか恐~い」と言う友達もいれば

「それいい考え、アリだね」と言う友達もいました。

ブームになると普通の事でも、ブーム以前だと「変わってる」とか「不気味」とか言われ変人扱いされがちです。

一時期「おひとりさま」ブームで、一人で行く飲食店や旅館がよく雑誌に取り上げられていましたが、

一人暮らしが超~~~長かった私にとっては、好むと好まざるとに関わらずブーム以前から「おひとりさま」が日常でした(涙)

でも、流行の最先端とは誰も言ってくれません(汗)

そんな私でも回転寿司と焼肉屋さんは「おひとりさま」はさすがに無理です、今でも。

| | コメント (6)

2007年12月21日 (金)

セントポーリア

Photo

Photo_2

時々お水と専用液肥を数滴あげるだけ。

あとはレース越しの窓辺に置いてお手入れもせずほったらかしなのに、

わが家にやって来てから 4年間、季節を問わず次々に蕾が上がってきます。

イワタバコ科の花はあまり見たことが無い、なんて思ってましたが、よく考えたらセントポーリアもイワタバコ科でした。

因みに、別名 アフリカスミレ、花言葉は「小さな愛」。

にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ ガーデニングへランキング参加中
↑1クリックで応援くださると嬉しいです。

いつもご訪問ありがとうございます 

| | コメント (2)

2007年12月20日 (木)

飲み会は会議室で起きてるんじゃない!

昨晩、よく行く焼肉屋の前を通ったら、平日なのに駐車場が満杯。

早めの忘年会で賑っているんですね~。

家族も今日、サークルの忘年会らしいし、いよいよ年末、忘年会シーズンたけなわです。

いいな~忘年会♪

そうこうしていたところ、姪から電話がきた。

「今日、カンファで・・・云々」と、彼女。

「へぇ~飲み会だったんだ」と、忙しいらしいのに付き合いはいいんだな~、やっぱり若い子だ、と関心する私。

「????・・・いやいや、カンファレンスで」と、言い直す彼女。

あ、ゴメン。私、カンファコンパと聞き間違ってました。

そうよね~、学校の話をしていたのに急にコンパの話になるわけないじゃん!!

きっと彼女も受話器の向こうでズッコケていたに違いない。

ホントにもう私ったらすっとんきょう、頭の中が忘年会&飲み会一色なんだから~。

それに今までの人生で、私の辞書にカンファという文字は無かったし・・・。

ごめんね、オバサン、オバカで。

こんな私を許しておくれ~~!←ホントにバカっぽい・・・ひたすら汗;


ところで・・・
YAHOO!JAPAN ニュース~スポーツ

サッカー=ジーコ氏、FIFAの「クラブ世界一」に不満

というロイター配信の記事があります。

詳しくはこちらの→YAHOO!JAPAN ニュース~スポーツをご覧頂くとして、それによるとジーコ氏は

「私は自分自身が王者だと思っている。このようにオフィスの中で決められたことは認めない。サッカーはフィールドの上で行われるものだ」と怒りをあらわにした---そうだ。

???

事件は会議室で起こってるんじゃない!事件は現場で起こってるんだ~~!

・・・って、そりゃそうだ。

ジーコ氏も(姪の大好きな)織田祐二氏も、もっともです、一票!!

因みに、カンファは会議室でできますよね。(^^;)

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

サラダの国から来た娘♪

いきなり30年前のイルカの名曲で始まりましたが・・・。


去年、余り毛糸を整理する際、捨てるのももったいないので、ひたすら帽子を編みました、6つも。

ニット帽は雪はねをする時などには欠かせないので、母にひとつプレゼントすると結構喜んでくれました。

その話の流れでというか、成り行きでというか、先日伯母(母の姉)が「セーターほどいた毛糸沢山あるよ~」と大きなポリ袋にわんさか毛糸玉を持ってきました。

「そ、そんなにたくさんもらっても・・・やっと整理したのに(汗)」と一人ごちながらも、日頃のご愛顧に感謝して伯母にひとつ編んでプレゼントすることに。

そして、編んでいる間じゅうずっと頭の中をかけめぐっていた曲が、この曲なんです。

「ほどき毛糸集めて マフラー編んで~ 秋の野原を~かけてあげたい~♪」

いやいや「余り毛糸」だったかな

そうだ 「混ざり毛糸」が正解だ!

イルカと言えば「なごり雪」が代表的ヒット曲だけど、私にとって「なごり雪」は正ヤンのイメージが強すぎるし

詞曲、イラスト共に自身が手がけているこの曲の方が、彼女の代表曲のような感じがしますが・・・。

そんなこんなで、

「サラダの国から来た娘」と「なごり雪」の間の季節=冬に

寒玉キャベツばかり食べている「サラダの国から来たオバン」がニット帽を編みました。

Photo

イルカはおばあちゃんになっても、歌声も容姿も若い頃と少しも変わりませんが

ニットの貴公子・広瀬光治さん(52才)は一体何才まで「貴公子」と呼ばれ続けるんでしょうかね~。

だったら、私はまだまだタイトル通りでだいじょぶダ~、と思うのでありんす。

| | コメント (5)

2007年12月18日 (火)

オンシジュームが咲きました

母が育てたオンシジュームの蕾が徐々にほころんできました。

PhotoPhoto_2

5分咲きぐらいでしょうか・・・頑張れ!もう一息です。
Photo_3Photo_4

8分咲き

真ん中をよく見ると、「ムンクの叫び」が座ってマス。

ちょっと意地らしい風情で可愛いらしい、これぐらいが一番好きです。
Photo_5

勿論ぱ~っと開いたのも、冬の蝶がヒラヒラ飛んでいるみたいで好きですけどね!!
Photo_6

・・・?

蕾 「ねぇねぇ、咲いた瞬間ってどんな気持ち?」

 「咲いた~~!\(◎0◎)/!って感じ」

 「まんまじゃん」

Photo_7 はふっ =33

| | コメント (2)

2007年12月17日 (月)

寒玉キャベツ、旨っ!

寒玉キャベツは美味しい!

Dscn4372_2

巻きも食感も柔らかく内部まで黄緑色したみずみずしい春キャベツ。

一方、冷涼地で栽培される今が旬の寒玉キャベツは、球がしっかり締まっていて1~2枚はぐとあとは全部白っぽい色。

はくさいやキャベツは寒気にさらされるとぐっと甘味が増すらしい。

どうりで! これがホントにうまいんだな~♪

千切りよりも、大き目の短冊切りにしてフルーツ感覚でボリボリ、シャキシャキ、食べたほうが味がわかります。

ドレッシング無しで食べてみると、同じ「寒玉」でも産地や買った日によって味(甘味)が違うのも、よ~く分かります。

冬は野菜高いよ~\(涙)って思うけど、よく考えたらケーキや鯛焼きを1回我慢したら軽くクリアできるんだよね。

「何言ってんの!その数十円を節約するからケーキや鯛焼きが買えるんじゃない」って言う人もいるかもしれないし、それはそれで説得力あるけど・・・。


おなかいっぱい食べてもやせる!キャベツダイエット」(簗瀬正伸監修、宝島文庫)なる本も出ていますが、それによるとキャベツを食べ続けると、ダイエット効果と同時に、口臭、体臭なんかも緩和もしくは無くなり、一石二鳥だそう。

それはそれで、悩んでいる人にとっては嬉しいかも。


そんなわけで、「キャベジン!キャベジン!」と唱えながら(?)今日もまたキャベツをザク切りするのであります。

| | コメント (4)

2007年12月16日 (日)

芋茎(ずいき)の酢漬け

ずいき(里芋の葉柄=ようへい)を頂きました。

鉄分、カルシウムが豊富で女性には有り難~い食材です。

干したものを芋がらというそうです。

ずいきは今回、芋がらは去年初めて見ましたが、北海道ではほとんど見かけません。

北海道は新鮮野菜の宝庫だからなのか、はたまた私が無知だからなのか(><;)

とにかく珍しい食材なので書き留めておこうと思います。

Photo_4 これがずいき。

フワフワ張りと弾力のあるスポンジみたい。

2本のうち下方が薄皮をむいた状態で、むく前とあまり色に違いはありません。

どの程度の厚さで皮をむいたらいいのか分かりませんが、フキみたく、ツー、ってむきました。

指がどす黒いエンジ色に染まりましたが、入浴ですぐに落ちました。

そして、5cm=4等分ぐらいに切って水に30分程度さらしアク抜きします。

Photo これは3本分。

しばらくカラ炒りし柔らかくなったら酢、砂糖、塩を加え更に炒る。

Photo_3 酢を入れると赤味を帯びます

しんなりしたらゴマを散らして・・・

Photo_5 完成!

~材料(4人分)~

ずいき4本、酢大さじ4杯、塩小さじ2杯、砂糖大さじ2杯、白ごま大さじ2杯

加賀野菜の赤ずいきの項を参考にしました。

| | コメント (2)

2007年12月15日 (土)

かぼちゃのプリン

Photo_3

かぼちゃが沢山あります。

煮物やサラダばかりでは芸がないので、たまにはプリンにしてみました。

【材料】

  • カボチャ(果肉のみ)・・・150g
  • 砂糖・・・30g (本当は40g)
  • 牛乳・・・100cc
  • 豆乳ホイップ・・・100cc
  • 卵・・・2個
  • バニラエッセンス・・・少々

【作り方】

  1. 電子レンジでカボチャを加熱
  2. 皮を取り除き果肉をつぶして、砂糖を加えて混ぜる
  3. 溶き卵を混ぜ合わせる
  4. 人肌程度に温めた牛乳と豆乳ホイップを加えて混ぜ合わせる(ハンドミキサーを使うと簡単!)
  5. 裏ごしし、バニラエッセンスを加える。
  6. 耐熱容器に入れる
  7. スチームオーブンで20分、余熱で数分蒸らす

  8. あら熱がとれたら冷蔵庫で冷す

砂糖を既定より10g控え、カラメルソースも添えませんでしたが、甘いカボチャなので全然OKでした。

もの足りない場合ははちみつ、メイプルシロップなどをかけることにしていますが、メイプルシロップの方がローカロリーだそうです。

因みに、取り除いたカボチャの皮は、綺麗な部分はとっておいて→ラム酒をふりラップしてチン!→小さく切ってトッピングしてみました。もみの木型にカットしてもかわいいかもネ!

それにしても、かぼちゃは美味しいね~♪

にほんブログ村 花ブログへ
↑↑ 1クリックで応援お願いします。

いつもご訪問ありがとうございます 

| | コメント (2)

2007年12月14日 (金)

朝刊♪

朝イチで目にする活字、朝刊。

長年購読し、慣れ親しんでいる新聞のデザインが数日前に変更となった。

  • 文字が大きく見やすくなった
  • 題字が一回り小さくなった
  • 日付の欄外デザインが変わった

などなど、が大きく変わった点。

従来の題字・文字・デザインになったのは、猫も杓子も「CI、CI」と言っていた、CI=コーポレート・アイデンティティばやりの頃。

それから10数年以上たってのマイナーチェンジ。

文字やデザインはさほど意識せずにいたけれど、毎日見ているだけに、こうして変わってみると、なんかヘンな感じ、慣れない感じがする。

でも、きっと前回同様、私の寝ぼけた目もじきこれに慣れるんだろうな~。



朝刊、といえば・・・

高田の~背番号も 知らないくせに~♪っていう歌ご存知ですか?

G軍黄金時代の高田選手が登場する、グレープの「朝刊」(さだまさし詞曲)っていう曲ですが、

この「高田」さんって現ヤクルトスワローズ監督(前日本ハムファイターズGM)の事ですよね~。

皮肉なものですよね。

その高田氏がヤ軍監督就任直後に、そのチームから2人も大切~な 大切~な大物外国人選手がG軍に買われていく(?)なんて・・・。

この時期になると、この種の話題にうんざりさせられます。

毎度毎度、資金力にものをいわせて堂々と他球団の主砲をかっさらっていくので、TV等では「G軍とはこういうチーム」と諦めムードのコメントもありますが

誰もが抱いているこの不快感、違和感、

こちらには、いつまでたっても慣れる事はありません。

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

花束からアレンジへ③ミニベース

にほんブログ村 花ブログへ

☆ミニベースに投げ入れました☆

Photo

先週頂い花束は、これでもか!というぐらい、ボリュームのある花束だったので、まだまだ小花が残りました。

全部使い切ると気分上々じょ~♪です↑↑↑

3日間に渡りお届けしましたアレンジ特集(いつから特集化したの?)ですが

本当は一昨日に3作品とも作り終えていましたが、深刻なネタ不足のため分割でアップしました。

こんなセコイ私ですが、これからも遊びに来て下さいマセませ~♪(←さだまさしか?!)

にほんブログ村 花ブログへ ランキングに参加しています
↑応援ポチっとお願いします

| | コメント (2)

2007年12月12日 (水)

花束からアレンジへ②和風

にほんブログ村 花ブログへ

☆和風ファウンテン☆ふんすいのイメージ

Photo_2

生け花用の陶製花器と剣山を使ってます。

生け花のつもりだったんですが、段々てんこ盛りになってきて、生け花なのかアレンジメントなのかわけが分からなくなってきました。

なので急きょ「和風アレンジ」に路線変更、逃避しました。

尚且つ、最初からファウンテンにしようとしたわけではなく、出来上がってからこじ付けました(笑)

そんなわけで、本当のファウンテン・アレンジはオールラウンドですが、こちらは片面です。

またまた、明日に続く・・・(引っ張るねぇ)

にほんブログ村 花ブログへ ランキングに参加しています
↑応援ポチっとお願いします

| | コメント (2)

2007年12月11日 (火)

花束からアレンジへ

にほんブログ村 花ブログへ

昨日アップした花束をほどき、アレンジメントにしました。

☆ファン☆ 扇を開いたイメージ

12111

「英国スタイルの花(2)~身近に花を飾る~」(諸泉陽子著、光文社)を参考にしました。

若い頃から(今でも充分若いつもりではありますが)お手本にしている、専正池坊のロイヤルフラワーアレンジメント教本のうちの1冊です。

ちょっと欠けたけどなかなか捨てられない(笑)お気に入りのコーヒーカップを器にしました。

ところで、アクセスカウンターがもう少しで「8787」になりますね~。

お花をアップした時に「花花」をカウントできて

わけも無く嬉しい私です。

明日に続く・・・

にほんブログ村 花ブログへ ランキングに参加しています
↑応援ポチっとお願いします

| | コメント (3)

2007年12月10日 (月)

とりあえず雪、とりあえず花束

にほんブログ村 花ブログへ ランキングに参加しています
↑応援ポチっとお願いします

1

今日は朝から雪。

朝、伯母のところの雪はねをちゃっちゃっ、と手伝い

それからは、先週撮ったデジカメ画像の整理を朝からしている。

それ以外は、これといって特記することのない、普通~の一日。

先週頂いた花束をアップします・・・。

数日飾ったので、明日あたりアレンジの練習に使わせてもらう事にします。

m(_ _)m↓

にほんブログ村 花ブログへ ランキングに参加しています
↑応援ポチっとお願いします

| | コメント (2)

2007年12月 9日 (日)

おせち料理講習会

~初心者のための基本のおせち講習会~

ただでさえ月日の過ぎるのが早く感じて仕方ないお年頃(?)なのに

もうお正月料理の話題なんて

それに輪をかけ加速度をつけられているような気がします(大汗)

今までお節といえば、高校時代の料理実習で炒り鳥と栗きんとんを習ったっきりです。

しかも、その実習班には必ずお料理上手な友人や、先頭を切ってお料理に取り組むリーダー的存在の友人がいたりで

私は専ら「人間食器洗い乾燥機」、勿論手動式の。

お料理苦手な私としてはとても助かってはいたけれど、それも目先の楽チンさに過ぎません。

そらから今日に至るまで特に習いに行こうという気もなく、お料理本をあちらこちら見比べて作っていました。

なので、先生に習ったのは昨日が実に「ン年」ぶりでした。

Photo

というわけで、うま煮=右下、田作り(くるみごまめ)=左上、りんご羹(口取り)=右上、の3品を教えていただきました。

ごまめはくるみが入っていないほうが、個人的には好きです。

りんご羹は初レシピだったのですが、手間をかけただけあり(かけたのは私じゃなかったけど)、ひんやりと甘酸っぱくて美味しかったですよ~。

長い歳月かかってやっとレパートリーが1品増えました。

因みに、年越しおそばは先生が作って出して下さいました。

さば節で一から出汁をとられていたので、いつも自宅で食べているかつお節ダシとはひと味もふた味もちがい、美味しかったです。

お持ち帰り用のパック&袋も用意して頂き、本当に良心的な講習会でした。


今回は白い食器に盛ったのでお正月料理っぽく見えませんが(備品の限られたお教室なのでそこはご了承下さい)

皆さんそれぞれお正月本番では、どんな器を使う事が多いのでしょうね。

  1. お重
  2. オードブル形式の大皿盛り
  3. その都度、食べる分だけ上品によそって出す、会席風

大体この3通りだと思いますが。

(まさか、お鍋に直箸って・・・ナイナイ)

ところで、お重の塗りにも意味があるそうです。

朱色(お重の内側)は、生命力、パワーをいただく血の色、

(外側)は邪気を払う色・・・だそうです。

それを考えると、「1.お重」で頂くというのが新年には一番ふさわしいのかも。

それにしても・・・

風水や縁起を気にしている割には案外知らずに、右から左へやり過ごしているこの類の事って、他にも結構あるかもしれませんね。

| | コメント (2)

2007年12月 8日 (土)

ホテルロビーの花

Photo 昨日、某ホテルで親戚の集まりがありました。

そこのロビーはすっかりクリスマス気分。

でも、ツリーの飾りつけよりも、ここのホテルはアレンジメントが素敵なんです。

Photo_2

シャンデリア下の大きなヨーロピアンアレンジもさることながら・・・

Photo_3

シンプル&ナチュラル、さり気無い優しい感じが特にお気に入り、いつも目を楽しませてくれます。

近くを通った時は、用もないのにロビーを1周してしまいます。

・・・あ、私、特にロビイストではありません。

| | コメント (2)

2007年12月 7日 (金)

街角彫刻⑥ハウルの動く城

~ハウルの動く城~

中村 園作

鉄骨・FRP・ブリキ・ウレタン・藁・和紙 etc.

Photo

展示会などのイベント会場にもなる、駅前にあるビルのエントランスホールに、この立体造形物はあります。

作者は地元出身。

昨年は青少年科学館で展示されていましたが

薄暗いホールで見る高さ7mもの巨大な物体に、訪れたちびっ子は

恐いよ~━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━!!

と尻込みすることも。

Up

確かに恐いかも((((><;))))

Photo_2 後頭(?)部 デス

| | コメント (2)

2007年12月 6日 (木)

冬の初めの音楽会♪

Photo_4

サキソフォン吹きと猫の秋の演奏会から1か月。

アンコールにお答えして再演です(笑)

深々と降る雪の中、まちの誰かのご好意で、2人(?)とも衣替えして頑張ってます♪

Photo_6

根雪にはなるまい、と思って甘く見ていましたが、どうやらこのまま根雪になってしまう気配は濃厚。

雪つながりで

SMAPのブログパーツが綺麗だったので、期間限定で貼り付けました。

マウスポインタをあわせるとXmasメッセージが現れ、クリックでSMAPのプロモにジャンプします。

・・・あ、私、特にファンではありません(笑)

 

| | コメント (2)

2007年12月 5日 (水)

オンシジュームで・・・

オンシジュームが咲きました!!

Photo_5





なんちゃって・・・あは(^^;)




実は・・・

切り花を頂いたのでちょっとアレンジしてみたんですが

071204_2

ナマ花との久しぶりの格闘?だったので、サクッと生けるつもりが

すご~く時間がかかって、最後には枝先から元気がなくなってきました(大汗;)

枯れないからって、いつもプリザーブドフラワーをのんびりアレンジしているから、手が遅くなってきたのかも・・・。

そして、こうしてデジカメを通して見ると案外客観的に欠点が分かるもの。

ムムム、頑張らねば!

| | コメント (2)

2007年12月 4日 (火)

プリフラでリース

☆Xmasリース☆

Photo_2 このリースで迎えるクリスマスは3回目。

いくら枯れないお花とはいえ、少しずつ風合いが褪せてきたような気がします。

時間があれば新しいのを作りたいのですが、優先順位を守らないと、あっという間に12月が終わってしまうのもで

・・・とりあえず今年もまた、これを飾ります。



にほんブログ村 花ブログへ
↑↑ 1クリックで応援お願いします。

いつもご訪問ありがとうございます 

| | コメント (2)

2007年12月 3日 (月)

オンシジュームの蕾

オンシジューム

Photo_3

母が育てているオンシジュームが、蕾の状態でわが家にやってきました。

間もなく開花です。

品種は、枝や蕾の付き方からするとククースファケラツムと思われます。

寒くて長い冬を元気印にしてくれる明るいイエローです。

| | コメント (2)

2007年12月 2日 (日)

とりあえず今週は・・・

Photo_3とりあえず今週は大掃除ならぬ小掃除に取り掛かろうかな~、と重い腰を上げます。

あんまり張り切りすぎると、中盤で失速してしまうので、気持ち「小」掃除にしておきます(笑)

それはそうと、昨日のGPシリーズ第6戦NHK杯、女子フィギュアの武田奈也選手、可愛いかったですね~。

真央ちゃんがぽわ~~んとしたおっとり系なら

ななちゃんは笑顔はじける瑞々しい元気系といったところでしょうか。

これからの成長が益々楽しみな、個人的に注目の2選手です。

2人ともまだハタチにもなってないんですよね~、世界の大舞台でこんなオーラを出せるなんてホント凄いな~。

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

師走の独り言=33

「え?今日から師走だったんだ」

早々に雪が積もったので、もうとっくのトンマに12月みたいな感じでいました。

それでもやはり、12月ってホント、あっという間ですよね。

親戚の集まりがあったり、おせち料理講習会やしめ縄飾り講習会があったり。

大掃除をやらねばならなかったり・・・。

そうそう、カレンダー付の花時間新年号も買いそびれないようにしないとネ!

そんな合い間に、ちょっとだけダイエットもしたいし。

・・・あ!年賀状作業もあった。

惰眠を貪っている暇なんてありませんよ~。

それもこれも、お正月にだら~~~ん!と・・・いえいえ、快適に過ごすためなのですから。

ガンバレ!小夏っ!←「ガンバレ!日本」風にお願いします。

**********
朝ドラ「ちりとてちん」に登場の落語演目「寿限無」と「ちりとてちん」。

前者は、甥っ子が小さい時よくやってくれました。

後者は、初めてナマで聞いた落語(志の輔さんの独演会)のお題のひとつ。

それがまたTVでお耳にかかれるなんて。

あまり朝ドラを見なかった私が、何故か今回はチャンネルを合わせてしまっている不思議な引力が、コレだったんだ!なんて勝手に関連付けたりして。

ところで、オープニング主題曲は松下奈緒さんなんですね。

主人公のキャラとは正反対で、美人女優、モデル、ピアニスト、歌手と4足の草鞋を履いているなんて

天は4つも与えちゃったんですね。

どうりで、わたしの所には一つも回ってこないわけだよ・・・。

| | コメント (3)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »