« もらい泣きしそう | トップページ | ○野家の恩返し »

2007年5月12日 (土)

薫風?ちょいプン?

季節ごとに感じる空気の匂いや風の香りは、確かにある。香りの他に、空気の硬さや重さも。

例えば、昨日まで秋だったのに、翌日目が覚めたらカーテン越しに雪景色が伝わってくる早朝の、鼻先の冷たさとか、布団からちょっと出ている肩先のひんやり感とか。そんな時はちょっと空気が硬い、っていうか、痛い。

逆に、春先は空気が緩んで、確かに昨日までとは皮膚感覚が違い毛穴が広がっているように感じることがよくある。

最近、この時期は特に、その他に感じる空気の匂いがある。

それは風に乗ってやって来る。

それは、ちょっと・・・臭い。

気温が上がり地熱が安定的に高くなってくるGW明けのこの時期、北海道では、農家のみならず各家庭でも畑作業が盛んになってくる。早めに畑をおこして堆肥をすき込む。堆肥、つまり牛糞とか鶏糞とかである。これが臭モノ曲者だ。春風が吹くと、蒸発して気化した牛糞堆肥の香りが運ばれてきて、そこはかとなく私を包んでくれるのである。ホント、なんとも言えない香りだ。これじゃあ、

薫風じゃなくて糞風だ~!!

でも、ちょいプンのフンプウに慣れてきた、そんな自分がちょっと好きな今日この頃です。

|

« もらい泣きしそう | トップページ | ○野家の恩返し »

季節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もらい泣きしそう | トップページ | ○野家の恩返し »