« ブルーベリー開花 | トップページ | ミニトマト苗定植 »

2007年5月28日 (月)

横綱の品格を考える

久しぶりに品のある横綱が誕生しそうです

と大相撲解説者に言わしめた白鵬が昨日、

全勝優勝、横綱昇進を手中にしました。

・・・横綱の品って何だろう?

王者の品って何だろう?

それがたとえ弱者であろうとなかろうと

対戦相手に対して敬意の念を持てる事

だと私は思います。

むき出しにしたり 内に秘めたり

闘志の表し方は人それぞれ自由で

理解しがたいこともあります。

でも、敬意を持っているかどうか

相手を思いやっているかどうかは

見ていて伝わってくるのもの、

感じることができるのものです。

例えば近頃人気の兄弟プロボクサー。

昨朝のTBSサンデーモーニングで江川詔子さんが

強い相手ならまだしも

自分より弱い相手に対して

お尻をふり挑発する彼の行為を

下品だと批判していました。

まさに対戦相手に対する

敬意や思いやりがなさすぎる、

想像力が乏しすぎるのだと思います。

対戦相手があってこその試合であり

自分が勝者にもなれる。

日々の鍛練は

自分が勝つためでもありますが

相手への礼儀でもあります。

試合の、ひいては彼らの大好きな武士道の基本です。

非礼は無礼、下品なのです。

藤原正彦氏著「国家の品格」で知りましたが

会津藩の藩校の「什の掟」のなかに

卑怯な振る舞いをしてはなりませぬ

弱いものをいじめてはいけませぬ

という項目があるそうです。

強者が弱者への敬意や思いやりを失いつつある昨今、

なんとなくそんな事も思い出しながら

多分品があるであろう新横綱誕生の瞬間

見ていました。

|

« ブルーベリー開花 | トップページ | ミニトマト苗定植 »

スポーツ」カテゴリの記事

相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーベリー開花 | トップページ | ミニトマト苗定植 »