« お気に入りはローゼンタール | トップページ | ブートキャンプと西岡すみ子 »

2007年4月 2日 (月)

ハムの壁画とハンドパワー

やっとホーム初勝利!!で何よりです。

長かった~。

なかなか勝ち星をあげられないと、何かにつけ主砲の移籍と結び付けられてしまうので、選手も苦しかっただろう。

地元ファンたちも、やっと「新生ファイターズ」の雄姿を見ることができて、嬉しいことこの上なし。

私の街でもひょんなところで新生ファイターズを見ることができる。

「中高年のファッションリーダー的百貨店、○番館」である。

元来熱狂的タイガースファンのこのお店は、阪神優勝セールで紅白饅頭を配るほど。店内も猛虎柄一色に染まり、値引きの値札まで黄色と黒のシマシマなのだ。

そんな○番館が、移転してきた当初からファイターズも応援してくれていて、店舗の壁に阪神と日ハムの絵が描かれている。

その壁画が私は、去年のシーズンオフからずっと気になっていた。

それがこれです。Nec_0053_1

よ~く見てください、右の2名。

そうです、引退したS庄とFAでG戦士となったO笠原(←そのまんまだ!)両選手です。

これを早く描きかえてほしいと、ず~っと思ってました。

で、今日通りがかったついでに確認してきました。

それがこちら!Nec_0052

足場があって作業中だったけど、描き直してくれていました。

よ~く見ると

新庄選手→高橋信選手

小笠原選手→森本選手

に変わってました。(イニシャルトーク、意味がないのでやめました)

これが完成して足場がはずされる頃、ファイターズも本調子になっていることを祈りつつ、撮りました。

また、こうやって泡雪降る寒空の下一生懸命職人さんが描いてくれているので、「似ている、いない」論議はやめましょうね~。(でも、結構にてるよ)

それはさておき、私はにわかファンです。

野球にはちっとも詳しくないし、掘り下げて研究する性格でもないので

これからもずっと自称「にわかファン」でいくぞ、と。

移転元年は、熱狂的ファンの弟一家のフィーバーぶりに、ちょっと引き気味み応援していた。

でも去年、とある夏の夜、繁華街で一人で歩くセギノール選手を見かけて声をかけた時、快く写メ&握手してくれて、「問題ナイ」と言ってくれた(何が問題ナイのかよく分からなかったが・・・)。打撃不振だった彼はその日を境に復調した。これは私のハンドパワーに他ならない、と密かに思っている。

そして、今年は誰にハンドパワーを送る事ができるのか、手をきれいに洗って楽しみにしている。

|

« お気に入りはローゼンタール | トップページ | ブートキャンプと西岡すみ子 »

北海道日本ハムファイターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハムの壁画とハンドパワー:

« お気に入りはローゼンタール | トップページ | ブートキャンプと西岡すみ子 »